離婚して定住者ビザが欲しい場合は理由書が必要です

理由書を作る

理由書は絶対に作るべきです

法務省のホームページには、ビザの申請に必要な書類が記載されています。

しかし、告知外定住者ビザとなる「日本人と離婚した外国人が取得する場合の定住者ビザ」の必要書類は書かれていないので、申請人等が調べたり専門家に相談したりする必要があります。

当事務所でも「どんな書類を揃えれば大丈夫ですか?」と聞かれることがあるのですが、個々の状況により必要書類は異なるので、詳しくご事情をお聞きしなければお答えすることができません。

しかし、申請する際に入国管理局に絶対に提出したほうがよい書類はいくつかあります。

その一つが「理由書」です。

入国管理局の審査官は、今まで申請人と一緒に生活して状況を把握しているわけではないので、何かしらの形で状況を説明しなければなりません。

「結婚してから離婚するまでの経緯や現在の生活状況などを説明して、定住者ビザを取得する理由がある」ことを入国管理局に伝えなければならないのです。

だからこそ、理由書が必要なのです

そうやって理由書を作ればいいのか?

専門家でもない限り、人生の中でビザの理由書を書くことはほとんどないので、どのように書けばよいかわからないと思います。

また、文章を作ることを日常で行っていないと、文章を考えるのは難しいのではないでしょうか。

もし、理由書を作ることでお困りのときは以下のことを参考にしてみてください。

理由書を作る参考になるはずです

  • 結婚期間を書いてください。
  • 結婚してから離婚するまでの生活はどのような状態だったのかを書いてください。
  • なぜ離婚することになったのかを書いてください。
  • 仕事先の仕事内容、人間関係などを書いてください。
  • 子どもがいるなら、これから先どのように養育していくのかを書いてください。
  • 今後、どのように生活していくのかを書いてください。

なお、都合の悪いことを隠そうとする人がいますが、嘘を書いて入国管理官の印象を悪くするより、本当のことを書いて、そのマイナス面である本当のことをカバーするように理由書を作るようにしてください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする