嘆願書が必要な配偶者ビザの申請

問題がある申請では嘆願書が役に立ちます

嘆願書とは「ある事の事情を説明して実現できるように必死にお願いする書面」です。

入国管理局で申請をする場合、嘆願書は必要最低限の書類の中には入っていないので、提出するかしないかは申請人の自由であり、必要はないように思われます。

しかし、依頼内容によりますが、当事務所では入国管理局に提出することがあります。

なぜかというと、この書類を提出することにより、「偽装結婚でないこと」「申請の信憑性を高める」「申請人夫婦を思っている人がいること」などを強調することができるからです。

問題がある申請とは、例えば「過去に複数回にわたって外国人との離婚歴がある」「申請人夫婦の収入が少ない、または無職」「犯罪を犯してしまった」となります。

入国管理局の審査官も同じ血の通った人間であり、機械のように感情がないわけではありません。

ちゃんとした嘆願書であれば、状況を説明したうえで心に訴えることができるので、よい印象を与えることができます。

書いてもらう人ですが、配偶者ビザの場合でしたら、できるだけ日本人配偶者のご両親に書いてもらいます。

その他の人としては、日本人配偶者の兄弟姉妹や親しい友人などに書いてもらいます。

嘆願書を入国管理局に提出することは、配偶者ビザの取得に有利になることはありますが不利になることはないので、何か配偶者ビザの申請で問題があると思う場合には嘆願書を提出したほうがよいです。

嘆願書にはどんなことを書けばいいのか?

日常の生活では嘆願書を書くことはないため、何を書いてよいかわからない人が多いのではないでしょうか。

そもそも、日常で文章をあまり書かない人は、「文章を書く」以前に「文章を作ること」が困難かもしれません。

そこで、もし文章を作ることに悩んでいる場合には、以下のことを参考にして、どのように書けばいいのかを検討してみてください。

  • 冒頭に申請人とどのような関係なのかを書いてください。
  • 国際結婚をしたことを知った時にどのように思ったか、当時の気持ちを書いてください。
  • 国際結婚をしたことを今ではどのように思っているか、今の気持ちを書いてください。
  • どうして申請人にビザを取得してほしいのかを書いてください。
  • 会社の人に嘆願書を書いてもらう場合は、申請人の性格、仕事ぶり、人間関係、会社にどれくらい貢献しているか等を書いてください。
  • 文章の最後に、配偶者ビザが許可されるようにお願いする文章を書いてください。
電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする