国際結婚するための手続きや要件について

国際結婚の手続きは簡単ではありません

日本人と外国人が結婚するには、日本人同士の結婚のように婚姻届を提出するだけではなくいろいろと書類を集めなければならないので、日本人同士の結婚のように簡単なことではありません。

どちらの国で先に結婚するかによって揃える書類は異なり、届出には、最初の国で婚姻手続きを行う「創造的届出」と、その創造的届出により結婚したことをもう一方の国で手続きを行う「報告的届出」があります。

国際結婚手続きのおおまかな流れ

国際結婚では、夫婦お互いの国で結婚手続きをしなければならないので、最初に結婚手続きとなる「創造的届出」と、その後で手続きを行う「報告的届出」があります。

ここでは、最初に日本で結婚(創造的届出)をして、その後に外国で結婚(報告的届出)する方法を記載します。

  1. 日本の市区町村役場で国際結婚の必要書類を聞く(日本の自治体や外国人配偶者となる人の国によって書類は異なるので確認する)
  2. 外国人婚約者に必要な書類を取得してもらう
  3. 外国人婚約者の国で取得してもらった必要書類を送ってもらう
  4. 必要書類を持って日本の市区町村役場で婚姻届をする
  5. 外国人配偶者の国で日本で国際結婚をしたことを結婚登録所で伝えて、結婚手続きの必要書類を聞く
  6. 日本で揃える必要書類を日本人配偶者に取得してもらう
  7. 日本で揃えた必要書類を外国人配偶者に送る
  8. 必要書類を持って外国の結婚登録所で婚姻届をする
  9. これで国際結婚は終了です

ただし、日本人配偶者本人が外国人配偶者の国に行って手続きをしなければ、結婚手続きができない国もあります。

また、日本で最初に婚姻手続きを行った場合、外国人配偶者の国では婚姻手続きが不要な国があることにご留意ください。

国際結婚するための要件とは

日本人が外国人と結婚する場合には、日本の法律だけでなく外国の法律も関係しており、国際結婚するための要件として実質的要件と形式的要件があります。

これらを満たさなければ夫婦の両国で結婚手続きをすることはできません。

実質的要件 当事者の婚姻の意思があること及び重婚や宗教などの、法律などの婚姻障害のことです。
形式的要件 官公庁への提出書類や宗教的儀式など、結婚が公に証明されるために必要な方式のことです。

また、実質的要件の中には、「自国の配偶者のみ要件を満たせばよい一方的要件」と「自国の配偶者だけでなくもう一方の配偶者も要件を満たさなければならない双方的要件」という考え方があります。

日本の法律でいうと、例えば、一方的要件は婚姻適齢で双方要件は再婚禁止期間となります。

日本の結婚要件を知りたいときは、日本の結婚するための要件についてをご覧ください。

日本で生活するための配偶者ビザの申請について

結婚した後に夫婦いっしょに日本で生活したいと思っても、外国人配偶者が外国に住んでいる場合、すぐに夫婦いっしょに日本で生活することはできず、在留資格認定証明書交付申請を行い、配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得する必要があります。

すでに日本で何かしらのビザを取得している場合は、在留資格変更許可申請を行い配偶者ビザを取得することができます。

なお、配偶者ビザは結婚していれば入国管理局で許可されるものではなく、結婚している以外にも様々な要件があるのですが、そのための注意点は配偶者ビザの申請で注意することをご覧ください。

結婚した後の日本人の名前について

日本人同士の結婚では、夫婦どちらかの姓を変更することになりますが、外国人と結婚したときは、当然に変更されることはありません。

名前の変更するかしないかの選択権があります。

詳しくは国際結婚した後の名前についてをご覧ください。

結婚した後の外国人配偶者の戸籍について

日本人と外国人が結婚した場合、戸籍が新たに編成されることはありません。

詳しくは外国人と結婚した後の戸籍についてをご覧ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする