本文へスキップ

離婚ビザと呼ばれる定住者の在留資格(ビザ)気を付けなければならない場合

TEL. 042-659-2716

〒193-0802 東京都八王子市犬目町941-8

離婚ビザの要件SERVICE&PRODUCTS

トップページ>離婚ビザの要件

離婚した場合の在留資格(ビザ)

離婚ビザ「日本人の配偶者等」の在留資格(ビザ)を取得していた外国人が、日本人と離婚、又は、死別をした場合、日本人の配偶者等のビザの要件を満たさなくなるので、日本に住み続けるにはビザの変更をしなければ、いずれはオーバーステイとなってしまいます。
オーバーステイのような違法の状態にならないためにも、このようなご事情がある場合は、一定の要件を満たせば、離婚ビザといわれる「定住者」のビザを取得することができるので検討してみてはいかがでしょうか。
なお、法務局などで公表されている申請書類は必要最低限の書類です。
これから申請をする場合、又は、これから再申請をする場合には、以下のような場合は特に気を付けて、不許可・不交付にならないようにしっかりとした主張・立証を行うために、必要書類と思われる書類を用意してください。


離婚ビザに変更するための要件

離婚ビザの要件告示されている定住者のビザと、告示されていない定住者のビザがありますが、外国人が日本人と離婚・死別したときは告示されていない定住者のビザとなります。
日本人と離婚・死別して定住者のビザへの変更が許可されるための要件は入管法には規定されていないので、個々の事案によって考える必要がありますので、以下のことをご参考にしてください。

・日本人配偶者との間に未成年の子どもがいる場合
主な要点 子どもの国籍は日本国籍でも外国国籍でもかまいません。
原則として日本で生活していくことができる資産または技能を有することが必要です。
外国人配偶者が子どもの親権者であること
外国人配偶者が子どもを養育していること

・日本人配偶者との間に子どもがいない場合
主な要点 原則として、日本で生活していくことができる資産または 技能を有することが必要です。 
在留を認めるべき特別な事情を有していることが必要です。
例えば、「別居期間を含めず、日本人と3年以上の結婚生活がある」「配偶者による家庭内暴力(DV)が原因で婚姻関係が事実上破綻している」というような場合です。

・日本人の実子を扶養する外国人親の場合
主な要点 原則として日本で生活していくことができる資産または 技能を有することが必要です。 
実子とは、子の出生時において一方の親が日本国籍を有していればよく、子が日本国籍を有しているかは関係はありません。 
結婚関係は要求されておらず、例えば愛人の子でも実子の対象になります。ただし、日本人の認知が必要になります。 



当事務所の4つの特徴


特徴1 不許可なら返金制度があります
当事務所が許可の取得可能と判断した案件で、在留資格(ビザ)が不許可となり再申請もできない場合、報酬の全額をお返ししております。 ※お客様の責任により許可が下りなかった場合は除きます。


特徴2 万が一不許可になった場合の再申請は無料です
当事務所が許可の取得可能と判断した案件で、万が一在留資格(ビザ)が不許可となった場合、再申請ができる場合には再申請を無料で行います。※お客様の責任により許可が下りなかった場合は除きます


特徴3 難しい案件でも許可された実績があります
当事務所では、一般的に難しいと言われている案件でも、当事務所の申請で在留資格(ビザ)が無事に許可された実績が多数あります。お悩みごとがある場合はご相談ください。


特徴4 土・日曜日でも相談ができます
当事務所の定休日は火曜日なので、土・日曜日は営業しております。サラリーマンの方も安心してご連絡ください。




当事務所にご相談するメリット


@ 許可される可能性が上がります

入国管理局では「疑問に思ったことを回答してくれる書類」を求めています。
そのためには、「疑問に思ったことを説明してくれる書類の作成と収集」が必要になります。
当事務所では、今まで培ったノウハウとご依頼者様への聞き込みにより、独自の工夫をした書類の作成と収集から、ご依頼者様が許可される可能性を上げることができます。

A 書類のために費やす時間と手間がなくなります 

配偶者ビザ(結婚ビザ)・離婚ビザが許可されるためには、許可されるための書類が必要です。
書類は当事務所で検討するので「どんな書類を揃えればいいのかわからない」「書類をどのように作ればいいのかわからない」という悩みから解放され、さらに、これらに費やす時間と手間がなくなります。

B 手続きのために入国管理局に行く必要がありません

配偶者ビザ(結婚ビザ)・離婚ビザの申請の手続きをするには、入国管理局に行かなければなりません。
さらに、入国管理局には他にも大勢の申請者がいるため、一般的には自分の順番が来るまで長時間待つことになります。
入国管理局から本人に対して「本人から直接事情を聴きたいので入国管理局に来てください」と言われない限り、手続きのために入国管理局に行く必要はなく、当事務所が代わりに入国管理局に行きます。




ご依頼者様から、感謝の声をいただきました。


●神奈川県大和市 Nさん
私には外国人との離婚歴があり、妻のビザが取れるか心配していたので、ご相談することにしました。お話しするとビザは取得できると言われたのでご依頼することにしました。ビザが取得できて安心しました。

●東京都武蔵野市 Sさん
私の妻が過去に警察に捕まったことがあり、どうしていいかわからずお電話しました。「この場合でしたら大丈夫な可能性が高いのでがんばりましょう」と励ましてくれたのがうれしかったです。ビザが取れて本当にありがとうございます。

●東京都八王子市 Aさん
短期滞在で妻が来日していたのですが、手続きをすることができず、あと2週間で出国しなければならなかったので、どうしてよいかわからず聞いたら、急いで対応してくれました。日本に住み続けることができよかったです。

●東京都八王子市 Fさん
前に夫と離婚したので、ビザを変更しなければならないことを知り、知り合いから山本さんのことを教えてもらいました。子どもといっしょに日本に住むことができてよかったです。


困っているときは今すぐご連絡ください

ご相談
ご相談は無料なのでお気軽にお問い合わせ下さい
  
TEL  042-659-2716
  E-mail  
お問い合わせフォームへ