外国人が日本人と離婚した場合のビザはどうなるのか?

離婚後のビザはどうすればいいのか?

配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得していた外国人が、日本人と離婚、または、死別をした場合、配偶者ビザの要件を満たさなくなるので、日本に住み続けるためにはビザの変更(ただし日本人と再婚した場合は更新です)をしなければ、いずれはオーバーステイとなってしまいます。

オーバーステイのような違法の状態にならないためにも、このようなご事情がある場合は、一定の要件を満たせば、離婚したことを要件とする「定住者」のビザを取得することができます。

そのため、「これからも日本で生活したい」と思っているのであれば、定住者ビザを検討してみてはいかがでしょうか。

離婚の理由で定住者ビザを取得するための要件

定住者ビザには、告示されている定住者ビザと、告示されていない定住者ビザがありますが、外国人が日本人と離婚・死別したときは告示されていない定住者ビザとなります。

日本人と離婚・死別して定住者のビザへの変更が許可されるための要件は入管法には規定されていないので、個々の事案によって考える必要があります。

しかし、目安としては以下のことが考えられるのでご参考にしてください。

日本人配偶者との間に未成年の子どもがいる場合
主な要点 子どもの国籍は日本国籍でも外国国籍でもかまいません。
原則として日本で生活していくことができる資産または技能を有することが必要です。
外国人配偶者が子どもの親権者であること。
外国人配偶者が子どもを養育していること。

日本人配偶者との間に子どもがいない場合
主な要点 原則として、日本で生活していくことができる資産または 技能を有することが必要です。
在留を認めるべき特別な事情を有していることが必要です。例えば、「別居期間を含めず、日本人と3年以上の結婚生活がある」「配偶者による家庭内暴力(DV)が原因で婚姻関係が事実上破綻している」というような場合です。

日本人の実子を扶養する外国人親の場合
主な要点 原則として日本で生活していくことができる資産または 技能を有することが必要です。
実子とは、子の出生時において一方の親が日本国籍を有していればよく、子が日本国籍を有しているかは関係はありません。
結婚関係は要求されておらず、例えば愛人の子でも実子の対象になります。ただし、日本人の認知が必要になります。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする