配偶者ビザの申請方法は3種類あります

配偶者ビザの申請方法

どの申請方法になるか確認しておきましょう

配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得するためには、原則として入国管理局に申請をして許可されることになります。

配偶者ビザを取得するための申請は、大きく分けると「在留資格認定証明書交付申請」「在留資格変更許可申請」「在留期間更新許可申請」の3種類となります。

在留資格認定証明書交付申請とは

この申請方法は結婚した外国人配偶者を日本に呼ぶための申請方法です。

ただし例外として、外国人配偶者が日本にいる場合でも申請する場合があります。

外国人配偶者を日本に呼ぶためには、大きく分けると2種類あるのですが、現在ではほとんど在留資格認定証明書交付申請が行われています。

詳しくは配偶者ビザを取得して外国人配偶者を日本に呼ぶにはをご覧ください。

在留資格変更許可申請

この申請方法は現在持っているビザから配偶者ビザに変更するための申請方法です。

例えば、「留学で日本の学校に通っていた外国人が日本人と結婚した場合」「技術・人文知識・国際業務の在留資格を取得して日本の会社で働いていた外国人が職場の日本人と結婚した場合」「飲食店でアルバイトしていて知り合って仲良くなった場合」などがあります。

詳しくは日本人と結婚したので配偶者ビザに変更したいをご覧ください。

在留期間更新許可申請

この申請方法は現在持っている配偶者ビザを更新して日本で滞在することができる期間を延長するための申請です。

ビザの更新は、前回申請したときと何も事情が変化していなければ特に問題になることはないと思いますが、例えば、前回申請してから「理由があって夫婦が別居している」「逮捕された」「夫婦のどちらも無職になった」「長期で外国人配偶者が母国に帰国していた」などの事情があるときは注意が必要です。

詳しくは日本で生活を続けたいので配偶者ビザを更新したいをご覧ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする