配偶者ビザの申請手続きと質問書

質問書は必ず必要です

配偶者ビザと呼ばれている「日本人の配偶者等の在留資格」を取得するためには、在留資格認定証明書交付申請または在留資格変更許可申請をすることになりますが、入国管理局で申請するためには必ず質問書を作成しなければなりません。

この質問書の項目を大きく分けると以下のようになります。

  1. お互いの身分事項
  2. 結婚に至った経緯
  3. 夫婦間で使われている言葉
  4. 日本で結婚したときの証人につい
  5. 結婚式について
  6. お互いの結婚歴
  7. 外国人配偶者の来日
  8. 日本人配偶者の渡航歴
  9. 退去強制歴
  10. 退去強制について
  11. 親族関係
  12. 親族で結婚を知っている方

このようにいろいろなことを書かなければなりませんが、この中で重要なのが、②の「結婚に至った経緯」で、これは文章を考えて書かなければなりません。

結婚に至った経緯の書き方

結婚に至った経緯となる質問書の2ページ目にある「② 初めて会ってから(紹介により知り合われた方は、紹介されたいきさつから)結婚届を出されるまでのいきさつを、年月日を示しながら、できるだけ詳しく記載してください。」は、夫婦の結婚が真実の結婚であることを説明する大切な文章です

どのように書くかは、夫婦お互いが今まで生活をどのように送ってきたかによるので、当然のことながら人それぞれ異なります。

そのため、個々の事情をお聞きしないと文章は作れませんが、質問書の文章のせいで不許可にならないように、どんなことを書けばよいのか、大まかですが以下を参考にしてください。

  • 知り合った年月日
  • 知り合った場所
  • 知り合ったきっかけ
  • 交際し始めた年月日
  • 交際した理由
  • デートに行った場所
  • お互いのプレゼント
  • 結婚を申し込んだ場所
  • 結婚を告白した言葉
  • 結婚するときのお互いの気持ち
  • 結婚生活について(家事、仕事、休日の過ごし方など)
  • 将来の予定(子ども、仕事など)

質問書の不備で不許可にならないために

私のご依頼者には、不許可になってご相談に来られる人もいます。

質問書をご確認させていただくと、「結婚に至った経緯」の文章がとても短いことがあります。

特にひどい人では「○○で知り合い、○年○月に結婚して、今は○○に住んでいます。」くらいの、3行程度しか書いていない人もいました。

このような文章では、真実の結婚なのか偽装結婚なのか入国管理局はわからないので、不許可になってしまうのです。

また、嘘を書くことは当たり前のことですが、入国管理局はものすごく嫌います。

さらに嘘が発覚すると「他にも嘘があるのではないか?」と審査が厳しくなってしまいます。

当然このような場合は審査期間が長引いたり、長引かずにそのまま不許可になる可能性があります。

嘘を書いて入国管理官の印象を悪くするくらいなら、本当のことを書いたうえで、そのマイナス面である本当のことをカバーするように質問書を書いて入国管理局に真実の結婚であることを主張・立証すべきです。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする