日本への入国が拒否されてしまう外国人とは?

日本に上陸できない

一定の外国人は日本に上陸することができません

日本に上陸しようとする場合、どのような外国人でも上陸できるわけではなく、入管法5条に規定されている外国人は日本への上陸が拒否(上陸拒否事由)されており、一定期間日本に来ることはできません。

上陸拒否事由で特に多いのは以下の外国人です。

退去強制事由 上陸拒否期間
過去に退去強制されたり出国命令を受けて出国したことがない場合 退去強制された日から5年
過去に退去強制されたり出国命令を受けて出国したことがある場合 退去強制された日から1 0年
出国命令により出国した場合 出国した日から1年
日本国又は日本国以外の法令に違反して1年以上の懲役又は禁錮等に処せられた場合 無期限

以下はどのような外国人が上陸拒否事由に該当するかをざっくりとですが記載したのでご覧ください。

  1. 感染症疾患者等
  2. 被後見人、被保佐人
  3. 地方公共団体の負担となる者
  4. 懲役・禁錮等刑に該当する者
  5. 麻薬等による犯罪者
  6. 国際競技会等で暴力等の恐れがある者
  7. 売春に携わったことがある者
  8. 人身取引に携わったことがある者
  9. 銃刀・火薬不法所持者
  10. 上陸拒否期間を経過していない者
  11. 暴力等による退去強制者
  12. 法務大臣が相当の理由があると認めた者

さらに詳しく知りたい人は以下の入管法5条をご覧ください。

なお、日本へ入国できない場合は上陸特別許可を検討することになるので、「外国人配偶者は日本に入国拒否だけど配偶者ビザを取得したい」をご覧ください。

入管法5条(上陸拒否事由)

一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症若しくは一定の指定感染症又は新感染症の所見がある者
精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者又はその能力が著しく不十分な者で、日本におけるその活動又は行動を補助する者として法務省令で定めるものが随伴しないもの
貧困者、放浪者等で生活上国又は地方公共団体の負担となるおそれのある者
日本国又は日本国以外の国の法令に違反して、一年以上の懲役若しくは禁錮又はこれらに相当する刑に処せられたことのある者。ただし、政治犯罪により刑に処せられた者は、この限りでない。
麻薬、大麻、あへん、覚せい剤又は向精神薬の取締りに関する日本国又は日本国以外の国の法令に違反して刑に処せられたことのある者
⑤-イ 国際競技会等の経過若しくは結果に関連して、又はその円滑な実施を妨げる目的をもつて、人を殺傷し、人に暴行を加え、人を脅迫し、又は建造物その他の物を損壊した者やその恐れがある者
麻薬、向精神薬、大麻、あへん、覚せい剤やその原料、吸食する器具を不法に所持する者
売春又はその周旋、勧誘、その場所の提供その他売春に直接に関係がある業務に従事したことのある者(人身取引等により他人の支配下に置かれていた者が当該業務に従事した場合を除く。)
⑦-2 人身取引等を行い、唆し、又はこれを助けた者
一定の法律に定める銃砲若しくは刀剣類又は火薬類を不法に所持する者
⑨-イ 過去に6麻薬等不法所持者、8銃刀・火薬不法所持者として上陸を拒否された者 :上陸拒否から1年
⑨-ロ 退去強制(第24条)された者 :退去した日から5年
⑨-ハ 過去に退去強制(第24条)された者や出国命令により出国したことがある者(リピーター) :退去した日から10年
⑨-ニ 出国命令(第55条)により出国した者  :出国した日から1年
⑨-2 活動資格対象(永住者・日本人の配偶者等などの身分資格は対象外):住居侵す罪、通貨・文書・有価証券・印章偽造、支払い用カード電磁的記録に関する罪、賭博、殺人、傷害罪、逮捕・監禁、略取・誘拐・人身売買、窃盗・強盗、詐欺恐喝、盗品に関する罪等の罪により懲役又は禁錮に処せられた者(執行猶予付含む)
暴力主義的破壊活動者・利益公安条項該当者のいずれかに該当して退去強制された者
日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入している者
⑫-イ 公務員であるという理由により、公務員に暴行を加え、又は公務員を殺傷することを勧奨する政党その他の団体
⑫-ロ 公共の施設を不法に損傷し、又は破壊することを勧奨する政党その他の団体
⑫-ハ 工場事業場における安全保持の施設の正常な維持又は運行を停廃し、又は妨げるような争議行為を勧奨する政党その他の団体
⑪、⑫に規定する政党その他の団体の目的を達するため、印刷物、映画その他の文書図画を作成し、頒布し、又は展示することを企てる者
法務大臣において日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者
電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする