国際結婚ではお互いの国の文化やビザに注意する

それぞれの国に文化があることに注意する

私はビザ関係の仕事をしているので、国際結婚・国際離婚をした日本人や外国人と接する機会が多くあります。

そのため、そのような人から結婚生活についていろいろとお聞きすることがあります。

私がお聞きする国際結婚したときに特に注意してほしいことを以下にいくつかご紹介しますので、国際結婚を考えている人の参考になれたらと思います。

食文化の違いからくるストレス

食とは毎日の生活に密接に関係しており、人が生きるうえで大変重要なことです。

国によって食生活は当然異なるので、大なり小なり嫌いなものがあることは当然と思われるのですが、自国の食文化を押し付けるのは好ましくありません。

例えば、「日本に住んでいるからといって日本食を強要する」「日本料理を覚えると言っていたが全然作らない」「部屋の香辛料の匂いが取れない」というようなことをお聞きすることがあります。

相手との習慣について苦痛を感じる多くは、食べ物の好みや食に関する考え方が多いので、お互いに話し合って相手が不満を持たない方法を決めておくべきです。

言葉が通じないことのストレス

意思疎通をスムーズにできるということはとても大切なことです。

夫婦の会話でどの程度まで深く分かり合えるかということは、結婚生活の「質」を左右することにもなります。

また、夫婦以外でも周りの人が何を言っているか理解できなければ愛想笑いばかりでは疲れますし、なにより楽しくありません。

日本語を話せないうちだけでなく、話せるようになったとしても、ちゃんと話し合える友人や家族がいないとストレスになるので、地域にある外国人コミュニティーに参加したり、時差を気にしないで電話できる相手を見つけたりする等して、自分の気持をしっかりと伝えることができる話し相手を作ったほうがよいと思います。

宗教による考え方によるストレス

日本人は、宗教行事を行うことはありますが、無宗教の人が圧倒的に多いです。

そのため、あまり宗教は気にしませんが、宗教で問題となることは多々あります。

例えば、宗教上で男尊女卑があるため、女性を軽く見たり、ひどいときはDVが起こったりすることがありますし、宗教上の理由で食べられないものがあるため、食べないように強要されることもあります。

「宗教については、外国人配偶者は何も言わないから大丈夫」と言う人も気を付けなければならないことがあります。

それは、たとえ外国人配偶者がそうだとしても、外国人配偶者の両親が宗教を進めてくることがあるためです。

もうひとつは、将来子どもが生まれたときに「子どもには宗教に入信させる」というような考えを持っている場合です。

いずれにしても、宗教問題は夫婦間の問題ではなく、少なからず周りにも影響を与えるので、よく話し合っておくべきです。

日本で生活するためにはビザが必要です

国際結婚をして日本で生活するためには、外国人はビザを取得しなければなりません。

正確には一般的にビザと呼ばれている在留資格のことです。

ビザにはいろいろと種類があるのですが、国際結婚をしたときは「配偶者ビザ」とも呼ばれている「日本人の配偶者等の在留資格」を取得することができます。

しかし、このビザは外国人が日本に住んで働きたいために、度々偽装結婚に悪用されていることもあるので、配偶者ビザの申請で偽装結婚と疑われないためにも、しっかりと申請書類を作成・収集を行い、不許可にならないよう注意が必要です。

また、勘違いしている人もいるのですが、日本人と外国人が結婚したら、必ず配偶者ビザが許可されるわけではなく、結婚していること以外にもいろいろな要件があるので、配偶者ビザの申請で注意することをご確認ください。

国際結婚を成立するための手続き

国際結婚は、日本の法律だけでなく外国の法律も関わってくるため、日本人同士の結婚手続きのように簡単ではなく、手間と時間が掛かります。

また、結婚するための要件がそれぞれの国にあるので、国際結婚の手続き以前に、そもそも結婚できるのかどうかの要件から調べる必要があります。

国際結婚について知りたいという方は、国際結婚するための手続きや要件についてをご覧ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする