外国人が日本で運転するための運転免許証

日本人と結婚して結婚ビザ(配偶者ビザ)の在留資格(ビザ)を取得して日本で生活している人の中には、「車を運転したい」と思う人もいるのではないでしょうか。

日本で車を運転するためには、外国で取得した運転免許証をそのまま使用することはできません。

●日本で運転するためには、次のいずれかの免許証を所持している必要があります。(道路交通法第64条、同法第107条の2)

1)日本の免許証

2)道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)に基づく国際免許証

3)自動車等の運転に関する外国(国際免許証を発給していない国又は地域であって日本と同等の水準にあると認められる免許制度を有している国又は地域(現在、スイス連邦、スロベニア共和国、ドイツ連邦共和国、フランス共和国、ベルギー王国、モナコ公国及び台湾の6か国1地域のみ。))の免許証(政令で定める者が作成した日本語による翻訳文が添付されているものに限る。)

●日本において運転できる期間

1)日本の免許証:有効期間内

2)国際免許証及び外国の免許証:日本に上陸した日から1年間又は当該免許証の有効期間のいずれか短い期間(ただし、住民基本台帳に記録されている者が出国の確認又は再入国の許可等を受けて日本から出国し、3か月未満のうちに帰国した場合においては、当該帰国(上陸)の日は国際免許証等による運転可能期間の起算日とはなりません。)

<警察庁ホームページより抜粋>

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする