日本の文化である「お花見」は外国人にも大人気

お花見は外国人にも人気があります

お花見といえば日本の文化のひとつですが、このお花見が外国人にとても好評です。

私の知り合いで配偶者ビザ(結婚ビザ)を取得して日本で生活している外国人もいるのですが、その人もお花見は好きです。

日本政府観光局は22日、3月に日本を訪れた外国人旅行者数は、前年同月より45・3%多い152万6000人だったと発表しました。

これは2015年4月22日現在では単月の外国人観光客が過去最高となったそうです。

主な国の1位は中国で約34万人、2位は台湾で約28万人、3位は韓国で約27万人となっています。

この背景には、「お花見」が関係しており、「友人に会いに日本に来たが、お花見のシーズンに合わせた」「お花見が組み込まれているツアーで来た」という声も聞こえてきたそうです。

私はバックパッカーをしていたこともあり、多くの国に行きましたが、外国でお花見らしいお花見をした記憶があるのは、オランダのチューリップ畑くらいです(ベランダに花が飾られている町はたくさんありました)。

そのときには感じなかったのですが、外国を旅行するときに日本人だと、多くの国では(ビザ)在留資格が不要なのは本当にうれしいことです。

日本に来る外国人の中には、日本に来たくても短期滞在のビザが取得できない人はたくさんいます。

日本では観光に力を入れるために短期滞在のビザの要件をどんどん緩和していますが、不法滞在者を出さないように、お花見のような日本らしさを売りにして、外国人に喜んでもらえることはとても喜ばしいことだと思います。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする