配偶者ビザから永住者ビザの変更には緩和要件があります

永住者ビザが取りやすくなっています

配偶者ビザから永住者ビザに変更する場合、他の外国人と異なり永住者の要件が緩和されることがあります。

ちなみに、配偶者ビザを持っていなくても、日本人と結婚していれば緩和要件は適用されます。

永住者の要件が緩和される要件は次のようになっています。

実態を伴った結婚生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上日本に在留していること。

なお、日本以外で結婚生活がある場合については、結婚後3年を経過して日本で1年以上在留していればよいとされています。詳しくは配偶者ビザから永住者ビザへの変更要件をご覧ください。

永住者ビザを取得するメリット

配偶者ビザから永住者ビザに変更すると主に次のようなメリットがあります。

外国人からしてみれば、将来「離婚」ということが絶対にないとは言いきれないことなので、日本に住み続けたい場合には、特に②のメリットは大きいのではないでしょうか。

① 在留期間に制限がなくなります。

在留期間がなくなるので、多くの方が面倒だと思っている在留期間の更新許可申請が不要となります。

② 離婚してもビザを変更する必要がありません。

結婚ビザの場合は離婚してしまうと、結婚ビザの要件を満たさなくなるので、ビザの変更をしないと、日本に滞在することはできなくなります。

社会的信用が得られやすくなります。
例えば、金融機関で融資を受けやすくなるというように、社会的信用が増加して、日本で生活しやすくなります。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする