外国人留学生と日本人が結婚して配偶者ビザを取得する注意点

困ってしまった

大学の出席率などが悪い外国人留学生と結婚

留学で日本に来ている外国人の多くは留学のビザを取得して日本に来ています。

そんな留学生が日本人と知り合い結婚することがあります。

そのような場合、留学生の中には「日本人と結婚したから、本国に帰らずに日本人配偶者といっしょに日本で生活していきたい」と考える外国人がいますが、留学のビザではずっと学校に通うわけにもいかないので、これからずっと日本で生活するためにはビザを変更しなければなりません。

では、どのようなビザがあるかというと、日本人と結婚したことを理由に、配偶者ビザといわれている「日本人の配偶者等の在留資格」があります。

このビザに変更すれば日本で生活を続けることができるのですが、ビザにはそれぞれ要件があり、配偶者ビザも要件があります。

結婚も要件の一つですが、結婚しただけでは配偶者ビザは取得できません。

詳しくは配偶者ビザの申請で注意することを見て頂き、どのような要件や注意点があるのかご確認ください。

なお、留学のビザではその他の注意点として、学校における状況も注意が必要です。

すでに学校を辞めている外国人が配偶者ビザを申請

留学ビザから配偶者ビザへの変更申請の前に、外国人配偶者がすでに学校を辞めているときは注意してください。

留学ビザを持っている外国人配偶者が学校を辞めてから3ヶ月を経過すると、以下の入管法により、ビザを取り消されてしまう可能性があります。

入管法別表第1の上欄の在留資格をもって在留する者が、当該在留資格に係る活動を継続して3か月以上行っていない場合(ただし、当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由がある場合を除きます)

つまり、「留学ビザを持っている外国人は特別な理由がない限り、留学ビザに係る活動を3ヶ月行わなかった場合は、留学ビザを取り消される可能性があります」ということです。

そのため、学校を辞めて3ヶ月以上経過している外国人が、留学ビザから配偶者ビザに変更する場合には、ビザの変更が不許可になる可能性があるのでご注意ください。

配偶者ビザの在留資格変更許可申請をするときは、「なぜこのような状況のなっているか」を書面にして入国管理局に提出したほうがよいです。

休学による留学ビザの取消し

先ほどもお話ししましたが、原文をわかりやすく説明すると、入管法には「原則として、留学ビザに係る活動を3か月以上行っていない場合には、留学ビザを取り消すことができる」と書かれています。

そのため、休学が3ヶ月以上経過している状態で配偶者ビザに変更するための在留資格変更許可申請を行うと、3ヶ月以上の休学を理由に不許可になる可能性があります。

そのため、休学で3ヶ月経過しているかどうかに関わらず、「休学していることに正当な理由がある」ことを説明した書面を入国管理局に提出したほうがよいです。

学校の出席率や成績なども注意が必要です

入国管理局は学校の成績や出席率を調べることがあります。

入国管理局では、「留学ビザの内容に沿ってまじめに日本で生活しているか」を見ているのだと思います。

近年、留学ビザを取得して来日しているのに、長時間働いている外国人が増加しているからかもしれません。

しっかりと学校に行ってまじめに勉強してください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする