在留カードに書かれているビザの在留期間が短くなったのはなぜ?

在留期間は短くなることがあります

「前回は在留期間が3年だったけど、今回は1年になってしまいました。どうしてですか?」。

そんなことを相談されました。

配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)は、何も問題が発生せずに順調にいけば、在留期間は1年→1年→3年→5年となります。

このような場合、結論から言うと、これについて確実な答えが知りたいのであれば、入国管理局に理由を聞いてみるしかありません(ただし、教えてくれないと思います)。

このご相談者は、私に依頼して頂き申請書類を集めたり作ったりしたわけでもなく、さらに書類も持っていないというので、その点からも判断することはできません。

そしていろいろご事情をお聞きすると、別居している期間があったいうことがわかりました。

配偶者ビザは原則として同居していなければなりません。

申請書類をどのように作ったか私はわからないですが、そこに別居している正当な理由を書いた書類やその裏付け資料などを添付をしていなかった場合、在留期間が短縮される可能性がありますし、最悪の場合、配偶者ビザが取り消されてしまいます。

ようするに、入国管理局が結婚生活を疑っているからです。

在留期間が短縮される主な原因は配偶者ビザの申請で注意することをご覧ください。

よく勘違いされることがあるのですが、法務省のホームページに書かれている書類は必要最低限の書類です。

しかし、「許可しても問題がない」と主張・立証を申請人はおこなわなければならないので、必要最低限の書類を提出しても不許可になることがありますし、今回のように在留期間を短縮されることもあります。

つまり、結婚ビザが許可されるための説明不足がある場合は、申請人は説明不足を補うために集めたり作ったりすることが必要なのです。

今回の場合、別居したことはしょうがないことなので、在留期間が短縮されたのはこれらを怠ったのではないかと思われます。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする