別居しているけど配偶者ビザは大丈夫なの?

別居している場合はビザの更新に注意です

配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得している外国人が、たまに配偶者の日本人と別居していることがありますが、このような事実がある場合は次回の在留資格更新許可申請が不許可になる可能性があります。

その理由として、「法律上の婚姻関係が成立していても、同居し、互いに協力し、扶助し合って社会通念上の夫婦の共同生活を営むという婚姻の実態を伴っていない場合には、日本人の配偶者としての活動を行っているとは言えず、在留資格該当性は認められない」という考えがあるためです。

ようするに、「結婚生活の信憑性がない」と入国管理局が判断するのです。

そうはいっても、どうしても別居しなければならない場合もありますし、現在の日本では昔と違い単身赴任も多くなっていると考える人もいますが、入管法上の配偶者ビザの夫婦とは、「日本で日本人と一緒に生活するために外国人に与えられるビザ」なのです。

つまり、入国管理局からしてみれば「別居するのであれば、夫婦の実態があるとは考えにくいし、そもそも日本で暮らす必要があるのですか?」と考えられるのです。

「仕事場が遠くにあるからアパートを借りてそこに住んでいるけど、2人でたまに会っている」という場合もありますが、このような場合、入国管理局からしてみれば「それって、夫婦として生活するために日本に来たのではなく、働く目的で日本に来たのではないのですか?」と思われます。

そのため、このような場合はしっかりと事情を説明しないと配偶者ビザは不許可になる可能性があります。

このように、別居をしていることは必ずしも入国管理局に良い印象を与えることはありません。

しかし、入国管理局も別居していたら必ず配偶者ビザを不許可にするわけではなく、「別居することに正当な理由」があれば許可されます。

例えば、「夫が刑務所に入っているのでどうやってもいっしょに生活することはできない」「離婚調停中だが、外国人配偶者は離婚するつもりはなく、またいっしょに生活する可能性がある」「仕事の関係上、どうしても別居しなければ夫婦の生活に支障をきたしてしまう」などです。

いずれにしても、別居しているときはしっかりと対応しないと不許可になってしまう可能性があるので注意が必要です。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする