フィリピン人と日本人の離婚

離婚には裁判が必要です

たまに「フィリピン人は離婚できない」と誤解されている人がいます。

これは間違いと思っている人がいますが間違えていません。

ただ、現実に「フィリピン人と離婚した」と言っている人がいるので、そのような勘違いをするのだと思われます。

フィリピンにはそもそも離婚という制度がありません。。

なぜかというと、フィリピンはキリスト教の教えに沿って、離婚ということが想定されていないのです。

つまり、「結婚をすれば一生その人と添い遂げるもの。」という考えにより法律が規定されているのです。

では「フィリピン人と離婚した」というのは、どういうことかというと、まず、日本では問題なく離婚できるので、これを言っているのかもしれません。

フィリピンでは先ほど述べたように離婚という制度がないので離婚はできません。

しかし、これではいろいろな面で不都合が生じてしまうので、フィリピンでは「婚姻無効・取消しの裁判」があります。

つまり、離婚はできないのですが、結婚自体が初めからなかったものとする無効・取消しをすることができるのです。

フィリピンで離婚するときの注意点

フィリピンで離婚するときはブローカーには要注意です。

特に「安く早く裁判手続きができる」と言っていくるブローカーに絶対に依頼をしないことをおすすめします。

実際に「費用が安く済んで、さらに早くできるのならお得」とブローカーに依頼して、被害にあっている人はいます。

ブローカーは責任は取らないので、もし、ブローカーに依頼して後に不正で行った裁判手続きの場合、基本的にはこの手続きを取り消す裁判をしてから、離婚無効の裁判をやり直さなければなりません。

これには費用も時間も掛かります。

ブローカーに依頼することは大きな代償を払うので、近道はないと思いちゃんと裁判手続きを行ってください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする