過去に逮捕されたことがある外国人のビザ

状況によっては日本に来ることはできません

知り合った外国人が、実は過去に警察に逮捕されたことがあるということがあります。

逮捕されたことがある場合、残念ながら配偶者ビザ結婚ビザである日本人の配偶者等の在留資格が許可される可能性は低くなります。

特に大変になるのは、上陸拒否事由で日本に一生来ることができないと規定されている外国人です。

このような場合は上陸特別許可を求めることになります

当事務所でも過去に逮捕されたことがある人の配偶者ビザを取得することがありますが、これは決して簡単なことではありません。

質問書や事情説明書などに、しっかりと逮捕された経緯や事情などを書かなければなりません。

そして重要なことは、いかに反省しているかをしっかりと書くことです。

さらに、申請人にとってプラスになると考えられる書類を集めます。

これらのことをすれば、犯罪の度合いにもよるのですが、逮捕歴があるという理由で配偶者ビザが許可される可能性はあります。

つまり、過去の犯罪歴は消すことはできないので、その犯罪歴をふまえたうえで、不許可になった原因が、主張・立証を怠った申請人とならないように、考えられる必要書類を作ったり集めることが必要なのです。

なぜならば、「申請人が配偶者ビザを取得しても問題がない」と主張・立証をする責任があるのは、入国管理局ではなく申請人だからです。

先ほども申したように、原則として日本に上陸できないとしても、例外として上陸特別許可が認められ日本に上陸できることはあります。

諦めずにチャレンジしてみてください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする