配偶者ビザの申請では質問書があるので文章能力があったほうがよい

質問書はしっかりと書きましょう

配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得するためには、質問書を書かなければならないのですが、この中に「結婚に至った経緯(いきさつ)についてお尋ねします。」という項目があります。

この項目は自分で文章を考えて書かなければならないため、多少の文章能力が必要だと思います。

しっかり書かれている文章なら、入国管理局にご事情が伝わるはずです。

質問書には何かしら文章が書いてあればいいのですが、私が見たことがある質問書の中には、文章能力以前に、文章になっていないのもあります。

以前、配偶者ビザのご相談で、質問書を自分で作ったから見てほしいという外国人がいました。

見てみると結婚の経緯の箇所を「○年○月、○○で知り合いました。好きになったので結婚しました。私は日本に住みたいです。」というような文章?が書かれていました。

ここまでひどい文章はあまり見かけないので、正直びっくりしました。

ご相談でお話をお聞きしていると、「結婚した日本人はいっしょに日本に住みたくなく、何かしらの理由により不許可になりたいのでは?」と思ったほどです。

この質問書の結婚の経緯はとても重要で、偽装結婚でないかの判断材料の一つとなります。

その判断材料の一つである質問書の結婚の経緯をいいかげんに書くことは、自分で自分の首を絞めるようなものなので、不許可になりたい場合は別として、詳しく書くことをおすすめします。

どのように書けばいいのかわからないと思っている人は、配偶者ビザの申請手続きと質問書を参考にしてください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする