短期滞在ビザから配偶者ビザへの変更について

結婚すれば短期滞在ビザの変更はできます

以下の情報は古いので、現在の状況はこちらをご覧ください。

外国人が日本と結婚するためや早くいっしょに生活したいなどの理由により、観光ビザなどと呼ばれている短期滞在の在留資格を取得して来日している外国人がいます。
しかし、短期滞在の在留資格では日本にずっと居続けることはできません。

そこで日本人と結婚した人が取得できる配偶者ビザ・結婚ビザと呼ばれる日本人の配偶者等の在留資格に変更する必要があります。

しかし、短期滞在の在留資格からその他の在留資格に変更するには「特別な事由」が必要となり、これがないと在留資格を変更することはできません。

では、「外国人が日本人と結婚して日本で生活する」というのが特別な事情に該当するのでしょうか?

答えは「該当します」。

短期滞在の在留資格から日本人の配偶者等の在留資格に変更することは可能です。

インターネットでは、「在留資格認定証明書交付申請をしなければならない」と書かれているホームページもあるそうですが、そんなことはありません。

特別な事情に該当しない場合は、在留資格認定証明書交付申請をする必要がありますが、特別な事情があれば在留資格変更許可申請をすることができます。

つまり、日本人の配偶者等の在留資格の場合は、在留資格認定証明書交付申請ではなく在留資格変更許可申請をすることができるのです。

なお、どちらで申請するにしても、必要書類を集めるのには時間が掛かるので、早めに行動を起こしたほうがよいです。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする