配偶者ビザと結婚ビザってどんなビザ?

正確には「日本人の配偶者等の在留資格」です

日本人が外国人と結婚してその外国人と日本でいっしょに生活するにはビザ(在留資格)を取得する必要があります。

そんなときに「配偶者ビザ」とか「結婚ビザ」という言葉を聞いたり見たりするかもしれませんが、これは何でしょうか?

実は配偶者ビザや結婚ビザというビザが存在するわけではなく、これは日本人の配偶者等の在留資格の通称名のようなものです。

配偶者ビザや結婚ビザと呼ばれている理由は、日本人の配偶者等の在留資格は「日本人と結婚した外国人配偶者が取得できるビザ」だからです。

国際結婚をしたあとに、配偶者ビザを取得して夫婦いっしょに日本で生活したいと考えている場合、結婚すれば配偶者ビザを取得できるわけではないので、まずは配偶者ビザの申請で注意することをご覧ください。

ビザと在留資格の違い

先ほどからビザという言葉が出てきていますが、ここでいうビザとは在留資格を指しています。

では、なぜ在留資格ではなくビザという言葉使っているかというと、世の中では、ビザ=在留資格と混同されていることが多いため、在留資格という言葉を使うとわからない人がいるためです。

本来であれば、ビザと在留資格は別物で、「ビザとは査証のことで日本に来るための資格のようなもの」であり、「在留資格とは日本で滞在するための資格」です。

つまり、ざっくりというと、日本に上陸するためにビザ(査証)を取得し、日本で生活するために在留資格を取得するということです。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする