配偶者ビザを取得するのに結婚式は必要か?

結婚式は要件となっていません

以前に「私は結婚式を挙げていないのですがビザを取れますか?」と聞かれたことがあります。

入管法では、結婚式を挙げていないと配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)が許可されないとは規定されていませんし、その他のガイドラインなどを見てもそのようなことは書かれていません。

ただし、結婚式を挙げることは結婚の信憑性は高まるので、偽装結婚と思われる可能性には少なからず影響すると思われます。

当然のことながら偽装結婚と判断された場合は、配偶者ビザを取得できません。

そのため、もし結婚式を挙げているのでしたら、その時の写真を2枚くらい添付書類として入国管理局に提出しておいたほうがよいです。

ところで、配偶者ビザを取得するためには国際結婚をしなければなりませんが、国によっては結婚式を挙げなければ婚姻届が受理されない国もあります。

「お金がない」「手間が掛かる」などの理由で結婚式を挙げないこともありますが、お国の事情により強制的に行わなければならないときがあるので注意が必要です。

婚姻届が提出できない場合は、「結婚している」という要件を満たさないので、この場合は配偶者ビザを取得できません。

しかし、逆に「日本で婚姻届けを提出していたら外国人配偶者の国では結婚式どころか婚姻届けも不要」という国もあります。

国によって法律はさまざまなので、国際結婚するときは外国人配偶者の本国の婚姻手続きをご確認ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする