配偶者ビザを申請するにあたって知っておきたいこと

配偶者ビザって何?

世の中では配偶者ビザと言われることもあるビザとして、日本人の配偶者等の在留資格(ビザ)があります。

ビザはいろいろ種類がありますが、日本人が外国人と出会い結婚した場合、多くの人は結婚ビザ 配偶者ビザを取得して日本で生活することになります。

どこの入国管理局に申請するのか?

配偶者ビザを申請できる入国管理局は、申請人の居住予定地または住居地を管轄している入国管理局となります。

例えば、私が住んでいる八王子市では、東京入国管理局や東京入国管理局立川出張所が管轄の入国管理局となります。

管轄が分からない場合はビザの申請ができる全国の入国管理局をご覧ください。

どのような申請方法があるのか?

配偶者ビザの申請方法は大きく分けて3種類あります。

一般的な審査期間はどれくらい?

では必要書類を集めて入国管理局で受理された場合はどのくらいの期間で許可・不許可の結果が出るのでしょうか?

入国管理局では標準処理期間として次のようになっています。

  • 在留資格認定証明書交付申請:1か月~3か月
  • 在留資格変更許可申請:2週間~1か月
  • 在留期間更新許可申請:2週間~1か月

申請を自分でするか?専門家に依頼するか?

申請は申請人以外にも、申請人の日本人配偶者や専門家である私のような申請取次行政書士でも行うことができます。

専門家に頼むか迷っている方もいると思います。

ちゃんとした専門家に依頼した場合、一般の方が申請するよりも当然のことながら許可率は上がります。

ただし、お金が掛かります。

金額は事務所の考え方や仕事内容によって異なりますが、一般的な案件の場合、ビザの更新3万円~10万円、ビザの変更8万円~16万円、認定証明書8万円~16万円くらいではないでしょうか。

つまり端的に言うと、「お金のほうが大事」「お金がない」という場合には、申請人である外国人や日本人配偶者等が申請することになり、「在留資格が取得できる可能性を挙げたい」「日本で生活できるためのビザはお金より大事」という場合は専門家に依頼することになります。

そうは言ってもどうすればいいか迷う場合はあると思います。

そんなときはまずは専門家の無料相談をご活用してみればいかがでしょうか?

当事務所もそうですが、ご相談を無料で行っている事務所はあります。

そこで相談をしてどうするか決めるのもひとつの手段です。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする