日本人と結婚した外国人配偶者の連れ子のビザ

連れ子のビザ

外国人配偶者の連れ子のビザはどうなるのか?

外国人が好きになり、結婚して日本で一緒に生活しようと思い配偶者(日本人の配偶者等の在留資格)を取得しようと思いますが、その人には連れ子がいる場合があります。

その外国人に「子どもと一緒に日本で生活したい」と言われた場合、この外国人の子どものビザはどうなるのでしょうか?

日本人と結婚した外国人で、配偶者ビザを取得している方は、一定の要件を満たせば、外国人の連れ子を日本に呼んで、いっしょに生活することができ、この場合の連れ子のビザは「定住者」となります。

また、外国人配偶者の連れ子と日本人が養子縁組をした場合も一定の要件を満たせば、定住者のビザまたは日本人の配偶者等のビザが取得して日本で生活できます

連れ子のビザの主な要件など

連れ子のビザを取得したいとしても、最低限の要件があるため、これらの要件を満たさなければたとえ入国管理局でビザを申請したとしてもビザは取得できません。

それぞれの主な要件を以下に記載したので、こちらを見て要件を満たしているか確認してみてください。

内容 ビザの種類 主な要件
連れ子 定住者 ①外国人の配偶者が日本人であること

②外国人が日本人の配偶者等のビザであること

③子どもが外国人の親に扶養を受けていること

④子どもが未成年であること

⑤子どもが未婚であること

⑥子どもが外国人の親の実子であること

養子縁組 定住者 ①養子である子どもが6歳未満であること

②養親が日本人であること

※外国人を養子にしたい場合には外国人を養子にするための手続きについてをご覧ください

特別養子縁組 日本人の配偶者等 ①家庭裁判所で特別養子と認められた者

※外国人を養子にしたい場合には外国人を養子にするための手続きについてをご覧ください

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする