交際期間が短いと配偶者ビザの申請を疑われる

交際期間が短すぎるのは注意が必要です

出会ってから結婚するまでの期間が短い場合は「本当の結婚ではなく偽装結婚ではないか」と、入国管理局に疑われ、最悪の場合、不許可になる可能性があります。

特に3ヶ月以内の場合は注意が必要です。

今はスピード婚という言葉があるように、昔よりも出会ってからすぐに結婚する人は増えていますが、それでも一般的に考えると出会ってから3ヶ月以内で結婚するのは「早い」という認識が強いです。

これが国際結婚ならなおさらです。

ひと昔によくあったお見合いの場合は交際期間は短いと考えられますが、外国人とお見合いをしてすぐ結婚することは考えにくいです。

そのため、交際期間が短い場合は「一般的に結婚という大切なことを短期間に決定できないので、交際して真剣に結婚を考えていない偽装結婚なのでは」となるのです。

あらぬ疑いを掛けられないようにするために

入国管理局で偽装結婚と思われあらぬ疑いを掛けられないためにも、交際期間が短期間の場合は注意してください。

疑われないためには質問書や理由書などで「二人の結婚が真実であること」を説明しなければならないので、「出会ったときの気持ち」「短期間の交際で結婚した理由」「両親の反応」など、偽装結婚では書くことができない二人の気持ちや周囲の人の気持ちなどをしっかりと書きます。

そして、お二人が連絡をしっかりと取っているメールやLINEの写しや2人のいろいろな写真を申請書類に添付して入国管理局に申請します。

場合によっては個々のご事情により、ご両親に嘆願書を書いてもらうなど、その他にも必要になることもあります。

ところで、入国管理局で公表されている書類は必要最低限の書類であり、許可を確実にしたいためには個々の事情によりいろいろな書類が必要になります。

「配偶者ビザを許可しても問題がない」と入国管理局で認められるための説明責任は、入国管理局ではなく申請人である外国人です。

つまり、本来は許可されるはずなのに不許可になることもありますが、これは申請人がちゃんと書類の作成・収集を怠ったことが原因なのです。

実際に不許可となった後に当事務所にご依頼していただく場合もあるのですが、当事務所で再申請をしたら許可されることがあります。

『申請人がちゃんと説明しなければ本来ならば許可される場合でも不許可となる』ということにご注意ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする