外国人と結婚紹介所で知り合い結婚した

結婚紹介所ではビザ目的の外国人が登録している

日本人と外国人が国際結婚をして日本で生活しようとする場合、一般的には配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得して日本で生活することになるのですが、そこで問題となるのが偽装結婚問題です。

配偶者ビザを取得すために偽装結婚をしている外国人がいるため、「配偶者ビザ目的の偽装結婚ではないか」と審査が厳しくなるのです。

入国管理局で偽装結婚ではないかと思われる原因の一つとして「出会ったきっかけが結婚紹介所や出会い系サイト」が挙げられます。

疑われる理由としては、「結婚紹介所や出会い系サイトでは、日本での結婚生活が目的ではなく日本でお金を稼ぐことが目的となっている外国人が多い」ことがあげられます。

また、実際に結婚紹介所や出会い系サイトの出会いでは、日本で同居しないで結婚生活を送っており、偽装結婚みたいなことが多いそうです。

実際に当事務所のご相談でも、「キャバクラで働いており家に帰って来ない」「なにかしら理由をつけて家に帰って来ない」などのご相談があります。

そのため、偽装結婚でない外国人も含め、入国管理局の審査が厳しくなってしまうのです。

入国管理局に疑われないための書類の作成と収集

結婚紹介所や出会い系サイトでの出会いとなると、偽装結婚だと思われないように書類を作成したり収集したりすべきです。

まずは、「結婚紹介所や出会い系サイトがちゃんとしたところであることを説明する」ことです。

これは、書面を作って「あなたが会社を信頼した理由」を書いたり、「会社概要」を説明したほうがよいです。

そして、「どれくらいの頻度で会っているのか」を書面を作って説明したり、航空チケット、写真などを集めて証明してください。

場合によっては、両親の嘆願書や外国人の配偶者に送っている送金記録なども必要になることもあります。

余談になりますが、私の依頼者に「入国管理局で公表されている書類より多いのですが」と言われたことがあるのですが、入国管理局で公表されている書類は必要最低限の書類です。

「配偶者ビザを許可しても問題がない」と入国管理局で認められるための説明責任は、入国管理局ではなく申請人である外国人です。

つまり、本来は許可されるはずなのに不許可になることもありますが、これは申請人がちゃんと書類の作成・収集を怠ったことが原因であり、入国管理局が意地悪をしているわけではないということになります。

実際に「不許可となった」と当事務所でご相談された場合でも、再申請をしたら許可されることがあります。

『申請人がちゃんと説明しなければ本来ならば許可される場合でも不許可となる』ということにご注意ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする