水商売をしていると印象は悪いです

外国人配偶者が水商売をしている

俗に水商売と呼ばれている風俗系の仕事をしている場合は配偶者ビザの取得が困難になることがあります。

水商売で働いている外国人は単純に日本で働いてお金を稼ぎたいだけなので、偽装結婚をして配偶者ビザが取得したい外国人が多いのです。

また、水商売をしている外国人には不法就労(留学生などは資格外活動許可を取得していても風俗関係のアルバイトをすることはできません)をしている方が多かったり、税金を払っていない外国人がいたり、日本での生活状況に問題がある場合が多いためです。

その他に外国人配偶者が悪いわけではなく、例えば「働いているお店が営業許可を取っていない」というように、違法なお店である場合は、外国人配偶者にも影響が出る可能性があります。

このようなことがあるため、外国人配偶者が水商売をしている場合は配偶者ビザの審査が厳しくなります。

真実の結婚であることを入国管理局に説明する

出会いが水商売のお店であったり、現在水商売をしている場合は、今回の結婚が真実の結婚であることを説明したほうがよいです。

まずは理由書や事情説明書などを作成して、「なぜ水商売のお店で働いているのか」「今後も水商売のお店で働くのか」をしっかりと説明してください。

そして、質問書などで「出会った経緯」「お互いの気持ち」「どのような交際をしてきたのか」「将来設計」などを書いて、偽装結婚ではなく真実のご結婚であることを説明してください。

その他には添付資料として、今まで旅行したときや結婚式の写真などを添付したり、メールやLINEなどの通信記録を添付したり、残高証明書などを添付して、入国管理局に申請することもあります。

入国管理局に「申請人に配偶者ビザを許可してもよい」と認められるための説明責任は、入国管理局ではなく申請人である外国人です。

そのため、入国管理局で公表されている必要最低限の書類だけではどうしても不足なときは多々あり、当事務所では必要最低限の書類だけで申請するときはほとんどありません。

申請では、本来は許可されるはずなのに不許可になることもありますが、これは申請人がちゃんと書類の作成・収集を怠ったことが原因であり、入国管理局の責任ではありません。

実際に不許可となった場合でも、当事務所で再申請をしたら許可されることがあります。

『申請人がちゃんと説明しなければ本来ならば許可される場合でも不許可になる』ということにご注意ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする