配偶者ビザの申請中に日本を出国できるの?

出国

どうしても出国したい場合どうなるの?

たまに、ご依頼者の中に「配偶者ビザを申請したあとに本国に少し帰りたい」という外国人の方がいます。

理由は、「仕事で商談がある」「結婚式に出席したい」「父が入院してしまった」などさまざまです。

入国管理局で申請しても、申請した当日にパスポートや在留カードは返してくれるので、出国するときにみなし再入国許可を使用して出国することが出来ます。

申請が受理されれば、申請が受理された後に付与される「在留期間の満了後も、当該処分がされるとき又は従前の在留期間の満了の日から2月を経過する日のいずれか早いときまで、引き続き当該在留資格をもって本邦に在留することができる」という規定も適用されるので、この期間内であれば日本を出国して再び入国することが出来ます。

つまり、たとえ、申請が受理されていれば、在留期間満了日から最長で2ヶ月間は日本を出国しても基本的は大丈夫となります。

出国するときは、在留カードの裏面の右下に「在留資格変更許可申請中」とか「在留期間更新許可申請中」というスタンプが押されます。

なお、出国した場合の注意点として、変更申請や更新申請が許可された場合は、一定の期間内に日本に帰国して入国管理局で手続きを行わなければなりません。

その手続きには、「パスポート」と「在留カード」は必ず必要だからです。

その他の注意点として、上陸拒否事由に該当する場合は、出国することはできても日本に入国することはできないのでご注意ください。

上陸拒否事由とは、日本に入国することを拒否される外国人が規定されたおり、「一定の病気の感染者」「売春業務従事者」「麻薬取締法違反者」「1年以上の懲役・禁錮等刑に処せられたことのある者」などの、入管法5条に該当する外国人です。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする