配偶者ビザが欲しいが片方の国でしか結婚手続きをしていない

原則として2国間の結婚が必要です

配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得するためには、日本と外国人配偶者となる人の本国の2国間で結婚する必要があります。

なお、ここでいう結婚とは、婚姻届を公的機関に提出してお互いに夫婦となることであって、結婚式を挙げただけとか内縁の配偶者のことではありません。

さて、なぜ2国間で手続きが必要かというと、国際結婚で2つの国で婚姻届をするのは、「日本では夫婦となっているのに、外国人配偶者の本国では独身のままになってしまう」ということならないためです。

また、実務的に配偶者ビザを取得しようとするためには、入国管理局で在留資格変更許可申請または在留資格認定証明書交付申請を行いますが、そのときの申請書類に「結婚が記載された戸籍謄本」と「外国人配偶者の本国から発行された結婚証明書」が必要となります。

ただし、絶対に結婚証明書が必要というわけではありません。

日本で婚姻手続きを先に行い外国人配偶者の本国では婚姻届が不要など、正当な理由の場合は結婚証明書は不要です。

しかし、入国管理局では、なぜ結婚証明書がないのかを説明したほうが良いので、結婚証明書の代わりに理由書等を作成したほうがよいです。

結婚証明書を取得するためには、例外がないのであれば、日本と外国人配偶者の本国で結婚する必要があるということです。

国際結婚手続きのおおまかな流れ

国際結婚では、原則として夫婦お互いの国で婚姻手続きをしなければなりません。

最初に婚姻手続きをする国の届出を「創造的届出」と言い、その後、もう一方の国でおこなう届出を「報告的届出」と言います。

ここでは、最初に日本で結婚(創造的届出)をして、その後に外国で結婚(報告的届出)する方法を記載します。

  1. 日本の市区町村役場で国際結婚の必要書類を聞く(日本の自治体や外国人婚約者の国によって書類は異なるので確認します)
  2. 外国人婚約者に必要な書類を取得してもらう
  3. 日本人婚約者も必要書類を取得する
  4. 書類を持って日本の市区町村役場で婚姻手続きをする
  5. 外国人婚約者の国の大使館や本国の結婚登録所等で、日本で国際結婚をしたことを伝えて、婚姻手続きの必要書類を聞く
  6. 外国人婚約者に必要な書類を取得してもらう
  7. 日本人婚約者も必要書類を取得する
  8. 必要書類を持って外国人婚約者の国の大使館や本国の結婚登録所等で婚姻手続きをする
  9. 外国人婚約者の国から結婚証明書を取得する

これで国際結婚は終了です。

ただし、日本人婚約者本人が外国人婚約者の国に行って手続きをしなければ、婚姻手続きができなかったり、外国人婚約者の国で最初に婚姻手続きをしなければならない国もあります。

また、日本で最初に婚姻手続きを行った場合、外国人配偶者の国では婚姻手続きが不要な国があることにご留意ください。

当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
当事務所では、東証一部上場の会社様から個人のお客様まで、幅広くご依頼頂いております。
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする