配偶者ビザが欲しいが片方の国でしか結婚手続きをしていない

婚姻届

原則として2国間の結婚が必要です

配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)するためには、日本と外国人配偶者となる人の本国の2国間で結婚する必要があります。

なお、ここでいう結婚とは、婚姻届を公的機関に提出してお互いに夫婦となることであって、結婚式を挙げただけとか内縁の配偶者のことではありません。

さて、なぜ2国間で手続きが必要かというと、配偶者ビザを取得しようとするためには、入国管理局で在留資格変更許可申請または在留資格認定証明書交付申請を行いますが、そのときの申請書類に「結婚が記載された戸籍謄本」と「外国人配偶者の本国から発行された結婚証明書」が必要だからです。

ただし、絶対に結婚証明書が必要というわけではありません。

日本で結婚手続きを先に行い外国人配偶者の本国では結婚届が不要など、正当な理由の場合は結婚証明書は不要です。

しかし、入国管理局では、なぜ結婚証明書がないのかを説明したほうが良いので、結婚証明書の代わりに理由書を作成したほうがよいです。

つまり、結婚証明書を取得するためには、基本的に日本と外国人配偶者の本国で結婚する必要があるということです。

過去にあった少しおかしなご相談

以前にご相談いただいた方に、「在留資格を申請するために外国人配偶者の国から発行される結婚証明書が必要と言われ、それがない場合はないことを理由書で説明してくださいとも言われました。結婚証明書はないので理由書はどうすればいいでしょうか」と聞かれました。

私が「結婚証明書はなぜないですか?」とお聞きすると、「妻は本国でまだ離婚手続きが済んでおらず、私と結婚できないからです」と。

ご事情をお聞きすると、日本では結婚手続きをしたのですが、奥様の本国では離婚手続きに時間が掛かっており、結婚できていないんだそうです。

私はいくつかおかしなことに気が付いたのですが、「理由書を書いても不許可になると思いますよ」と言い、その理由を述べてご相談は終了となりました。

国際結婚で2つの国で婚姻届をするのは、「日本では夫婦となっているのに、外国人配偶者の本国では独身のままになってしまう」からです。

こうなると、おかしなことですよね。

ご相談者の場合、外国人配偶者の本国では結婚していないし、離婚手続中ということは既婚者です。

将来、離婚しない可能性も0ではありません。

そうなると、入国管理局としては婚姻の信憑性がないため配偶者ビザを認められないと考えるので、たとえ理由書を作成したとしても不許可(不交付)となります。

また、そもそも日本の民法で2人以上の人と結婚することができないという「重婚の禁止」が規定されています。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする