配偶者ビザはどこに申請手続きをすればいいのか?

申請できる場所は2つあります

日本人と結婚した外国人が日本で生活するためには、配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格の取得が考えられます。

では、この配偶者ビザを取得するためにはどこに申請すればいいのでしょうか?

申請するには、日本人である配偶者がお手伝いすると思うのですが、大きく分けると2つの場所で申請することができます。

1つ目は外国にある日本大使館(総領事館)となり、2つ目は日本にある入国管理局となります。

日本大使館等で申請する可能性があるのは、例えば、夫婦が外国で住んでいたのですが、事情があって日本で生活する場合です。

ただし、日本大使館等に申請する場合は、入国管理局に申請するより非常に手間と時間が掛かってしまうため、通常は日本にいる夫婦の親族に代理人となってもらい、日本の入国管理局で申請します。

なぜ手間と時間が掛かるかというと、日本大使館等で審査してから結局は日本の入国管理局に送付されて審査することになるので、この期間分審査期間が長くなってしまうためです。

入国管理局で申請する可能性があるのは、例えば、日本で知り合った外国人と結婚したので、いっしょに生活するための場合です。

ようするに、選択は2通りあるのですが、手間と時間を考えると外国の日本大使館等ではなく、日本の入国管理局に申請するのが一般的な考え方となります。

日本の入国管理局に申請したい場合は「配偶者ビザを取得して外国人配偶者を日本に呼ぶには 」をご覧ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする