永住者ビザを取得するための要件はなんだろう?

永住者ビザを取得するための要件

永住者のビザを取得するためには、クリアーしなければならない要件があります。

ここでは一般的な要件を記載しているので、現在持っているビザが配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)の場合は配偶者ビザから永住者ビザに変更したいをご覧ください。

永住者の一般的な要件は以下のようになっているのでご覧ください。

①素行が善良であること。

法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること。

②独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。

日常生活で公共の負担(例えば生活保護を受給している)が原則としてなく、かつ、資産、技能からみて将来も安定した生活が見込まれることが必要となります。

③原則として引き続き10年以上日本に在留していること。ただし、この期間のうち、就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上日本に在留していること。

継続して10年以上ですので、一度日本を出国して新たなビザで入国した場合は、継続しているとは言えません。

④罰金刑や懲役刑などを受けていないこと及び納税義務等の公的義務を履行していること。

ただし、以下の場合は、この④に該当しないものとして扱われます。

●懲役刑又は禁錮刑について、いずれかに該当するとき

  • 執行が終わっている、又は執行免除を得た日から10年を経過している。
  • 刑の執行猶予の言い渡しを受け、その執行猶予期間を経過したとき。

●罰金刑について、いずれかに該当するとき

  • 執行が終わっている、又は執行の免除を得た日から5年を経過している。
  • 刑の執行猶予の言い渡しを受け、その執行猶予期間を経過したとき。

⑤現に有している在留資格について、最長の在留期間をもって在留していること

⑥公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと

⑦法務大臣がその者の永住が日本国の利益に合すると認めた場合

日本にとって経済的、社会的に有益であることが必要ですので、この判断は、人口の動向、外国人受入能力等、あらゆる事情を勘案して行われるものです。

以上が永住者のビザを取得する一般的な要件となります。

永住者になることのメリットとしては、ビザの更新を毎回する必要がなくなることや、日本人と離婚や死別したときや会社を辞めたときにはビザの変更が必要な場合がありますが、永住者の場合はビザの変更が不要なことが大きいのではないでしょうか。

また、配偶者ビザの状態で離婚をすると、原則としてビザを変更しなければならず、簡単に取得することはできません。

離婚したときのビザの変更は日本人と離婚したけど日本で生活したい外国人をご覧ください。

永住者のビザを申請して不許可になっても不利益になることはないので、将来の万が一を考え、永住者のビザを申請してみるのもよいと思います。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする