ビザだけでなく離婚後の生活も考えておく

離婚では様々なことを考える必要があります

日本人同士の離婚と違い、外国人と日本人の離婚では、まず考えなければならないことは、「外国人配偶者は日本に留まるのか、それとも帰国するのか」です。

日本に留まりたいのであれば離婚ビザと呼ばれている「定住者」の在留資格(ビザ)など、現在該当するビザに変更しなければなりません。

離婚後のビザについては日本人と離婚したけど日本で生活したい外国人をご覧ください。

帰国するのであればビザの問題はありません。

そして、国際離婚のもうひとつの問題として慰謝料や養育費などの金銭が支払われることなく、行方不明になる可能性があることです。

現実問題として、将来に向かって定期的に支払われる予定の金銭は、外国人が本国に帰国してしまうと請求は困難です。

絶対にできないというわけではないのですが、手間・時間・費用はかなり掛かると思っていたほうがよいと思います。

離婚にはその他にもさまざまな決めておくべきことがあります。

外国人が離婚するときは、まずはビザや金銭の支払いはどのようにするかを決定してから、以下のことを検討してみてはいかがでしょうか。

子どものこと 子どもの親権
養育費の金額
子どもの面接交渉権の内容

金銭について 財産はどのように分けるのか
住宅ローンなどの債務
慰謝料の金額
行政書士や弁護士への費用(依頼した場合)

戸籍と性 戸籍はどうするのか
性は旧姓か現在の性のどちらにす
子どもの戸籍や性

生活 どこに住むのか
仕事はどうするのか
子どもの学校はどうするのか
電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする