日本人配偶者が外国人と結婚した後の名前はどうなるの?

日本人の名前

名前は当然には変更されません

日本人同士の結婚の場合、夫婦の苗字は統一しなければなりませんが、日本人と外国人が結婚した場合、手続きをしなければ日本人配偶者の苗字は変更する必要がなく、現状のままです。

つまり、日本人同士の結婚では夫婦別姓が認められていないのに、日本人と外国人の結婚の場合は夫婦別姓が認められているのです。

しかし、「私は同じ苗字にしたい」と思う人もいると思います。

その場合、手続きを行えば同じ苗字にすることができます。

●日本人の苗字の変更

婚姻届を提出してから6ヶ月以内であれば、市区町村の役所に氏変更届を提出すれば変更することができます。

婚姻届を提出してから6ヶ月が経過した場合は、家庭裁判所に氏変更の申し立てをしなければなりません。

複合姓(ダブルネーム)を希望の場合は、婚姻6ヶ月以内でも家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。

ダブルネームとは、例えば、山本太郎という人の名前が、山本スミス太郎となるように、外国人と日本人の苗字を残しておくことです。

外国在住の場合は、日本領事館など在外公館に提出することになります。

●外国人の苗字の変更

外国人配偶者が苗字を変更したい場合は、まずは外国人の本国法を確認することになります。

本国法で、日本の法律に則って苗字を変更できると規定されていれば、日本で変更することもできますが、そうでない場合には、本国で手続きをすることになります。

なお、苗字を変更することは、両親や子どもに少なからず影響を与えることがあり、また、将来苗字を変更するときには、再度手続きが必要となることにご留意ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする