永住者の連れ子や生まれた子ども等のビザについて

状況により子どものビザは異なります

日本での永住権となる永住者のビザ(在留資格)を取得する人は多くいます。

永住者のビザにはメリットがたくさんあるためです。

さて、この永住者の子どもにはどのようなビザがあるか検討したいと思います。

まず、永住者の子どもが日本で生まれた場合。

この場合は、永住者の配偶者等のビザが取得できます。

次に、永住者の子どもが日本以外で生まれた場合。

これは、永住者が出産を両親がいる本国で行ったというような場合です。

この場合は、定住者のビザとなります。

永住者の配偶者等のビザの要件では「永住者の子として本邦(日本)で出生しその後引き続き本邦に在留している者」と規定されているため、日本国外で出生した場合は永住者の配偶者等のビザに該当しないためです。

次に、親が永住者のビザを取得したときのいっしょに住んでいる子どもの場合。

就労資格で在留していた外国人が、永住者のビザを取得した場合、扶養している未婚、未成年の実子は、家族滞在のビザから定住者のビザに変更ができます。

次に、永住者の連れ子を日本に呼びたい場合。

これは、定住者のビザが用意されています。

このように、永住者の子どもの場合、それぞれのビザの要件はありますが、「永住者の配偶者等のビザ」「定住者のビザ」が取得できます。

なお余談ですが、例えば、夫が永住者ビザの要件を満たしている場合、その妻と子どもが永住者ビザの要件を満たしていなくても、永住者のビザを家族全員で申請するときは、一定のビザの要件が緩和されて、妻と子どもは許可されることがあります。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする