どのような場合に二重国籍になるのか?

二重国籍になる場合

日本人でも二重国籍の人はいますが、父母の一方が外国人の場合、このような状況になることがあります。

二重国籍になる可能性がある者は次のとおりです。

(1)日本国民である母と父系血統主義を採る国の国籍を有する父との間に生まれた子

(2)日本国民である父または母と父母両系血統主義を採る国の国籍を有する母または父との間に生まれた子

(3)日本国民である父または母(あるいは父母)の子として,生地主義を採る国で生まれた子

(4)外国人父からの認知,外国人との養子縁組,外国人との婚姻などによって外国の国籍を取得した日本国民

(5)帰化または国籍取得の届出によって日本の国籍を取得した後も引き続き従前の外国の国籍を保有している人

日本では、二重国籍者は、22歳に達するまでに(20歳に達した後に重国籍になった場合は重国籍になった時から2年以内に)、どちらかの国籍を選択する必要があります。

選択しない場合は、日本の国籍を失うことがありますので注意してください。

認知も場合によっては二重国籍となります。

私が受けた案件の中には、日本人が認知した子どもの親である外国人がビザ(在留資格)を取得することもありました。

この場合は「定住者」のビザになるのですが、この子どもは認知されたからといって、直ちに日本国籍を取得できるわけではありません。

法務局で帰化の申請をする必要があります。

しかし、生まれてくる前に認知する「胎児認知」をする場合は、出生と同時に日本国籍を取得できます。

このような場合、外国人の本国法によっては、この子どもは、日本国籍と外国国籍の両方を取得できる可能性があります。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする