外国人の夫や妻が逮捕されたらどうなるのか?

逮捕後の流れとビザの取得について

外国人と結婚したらその外国人は結婚ビザ(配偶者ビザ)、離婚したら離婚ビザを外国人は持っていることが大半です。

外国人が何かしらの理由により、警察官に捕まった後は、一連の流れを経て入国管理局で収容されます。

収容された外国人は、在留特別許可を求めないと退去強制となり、場合によっては2度と日本に来ることはできなくなります。

収容されたときの仮放免申請は必ず行わなけらばならないわけではないのですが、ご本様の精神的・肉体的な負担を考えると、申請すべきではないでしょうか。

以下は警察に逮捕されてから仮放免申請及び在留特別許可の一連の流れとなります。

警察官に捕まった後は、48時間以内に検察官に身柄を送検されます。

・入管法違反のみの場合は検察官ではなく直接、③の入国警備官に引き渡される場合があります。

裁判が行われます。

・裁判により、有罪か無罪の判決が下されます。

入国警備官による違反調査がなされます。

・ここでは違反事実の有無を確認したり、何故不法滞在となったのか等を調査されます。

入国警備官による違反調査がなされます。

・ここでは違反事実の有無を確認したり、何故不法滞在となったのか等を調査されます。

在留特別許可の書類を作成します。

・日本に滞在できるように在留特別許可の書類の作成・収集をおこないます。

仮放免許可申請の書類等を作成します。

・仮放免を求める場合には、依頼された者が在留特別許可の書類と同時進行で仮放免許可申請の書類等を作成します。

仮放免手続きを行います。

・出頭申告したときと違い放免されることはほとんどないので、仮放免許可申請を行います。

入国審査官の違反審査がなされます。

・違反調査の結果と、入国審査官の違反審査による取り調べにより、退去強制事由に該当するかしないかを認定します。

口頭審理を請求します。

・通知を受けた日から3日以内に口頭をもって特別審理官に対し、口頭審理を請求します。(これをしないと退去強制令書が発付されます)

特別審理官の口頭審理がなされます。

・ここでは口頭による質疑応答により審理され、違反調査や違反審査の判定に誤りがないか事情聴取を行います。その後に退去強制事由に該当するかどうかの2回目の認定がなされます。

異議の申立てをする。

・口頭審理の認定に異議がある場合には、3日以内に法務大臣に対して異議を申し出ます。(これをしないと退去強制令書が発付されます)

法務大臣の裁決がなされます。

・直接取り調べはありませんが、違反調査、違反審査及び口頭審理という一連の手続で作成された事件記録を調べて裁決を行います。

在留特別許可の許可・不許可

・裁決により許可または不許可が決定されます。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする