日本では同性婚とビザはどうなるのか?

同性婚でもビザはあります

日本の法律では、今のところ同性婚は認められておりません。

そのため、配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格の要件は満たすことはできないので、たとえ入国管理局に申請したとしても不許可となります。

その他のビザを見ても、配偶者のビザとしては「家族滞在のビザ」「永住者の配偶者等のビザ」「定住者のビザ」などがあるのですが、そのどれを見ても同性婚の配偶者のビザはありません。

しかし、ある一定の外国人であれば同性婚を理由にビザを取得できますようになってきています。

諸外国で同性婚を認めてきているので、日本としても何かしらの対応を取る必要があるからだと思います。

詳しくは同性婚の場合ではビザはどうなるの?をご覧ください。

ヨーロッパやアメリカの一部の国や州では、同性婚を法的に認めており、今後も同性婚を認める国が増える見通しがある中で、日本でも同性婚について議論が高まりつつあります。

最近の出来事では、渋谷区が同性のカップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する新たな条例案をまとめ、区議会に提出することになりました。

こうした中、入国管理局でも同性婚に対応すべく、人道上の配慮として「特定活動」のビザを認める方向で動いています。

まだ、許可された件数は多くはないのですが、実際に許可されていることは事実です。

希望を持ちあきらめずに申請すれば、きっと良い結果が得られるはずです。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする