結婚はしているのに外国人配偶者が長年日本に来ていない

配偶者ビザを取得できないかもしれません

たまに「結婚はしているが長年別々に生活していた」というご相談者がいますが、結婚しても外国人配偶者がずっと外国に住んでおり、日本人配偶者と長い期間離れて暮らしている場合には注意が必要です。

なぜならこのような場合、入国管理局としては、「結婚関係が破たんしているのではないか?」「偽装結婚ではないか?」と疑い配偶者ビザを不許可にすることがあるためです。

では、どれくらいの期間ならば気を付けなければならないのか?ということになりますが、おおむね1年以上の場合は注意する必要があると思います。

重要なことは、離れて暮らしていた期間が短くても長くても「なぜ離れて暮らさなければならなかったのか?」という疑問に正当な理由があることです。

そして、この正当な理由を主張・立証するために、質問書や理由書により、出会ってから結婚して現在に至るまでの経過をしっかりと説明したり、たとえ離れた暮らしていたとしても、今まで繋がりはあったことを証明するために、手紙やメールなどのやりとりを添付します。

日本で生活していくことができる経済基盤を証明する必要もあるでしょう。

私の引き受けた案件では、結婚はしているが3年以上いっしょに生活していない人もいましたが、無事に配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得している人もいます。

このように実際に配偶者ビザは取得しているので、長年生活が別々な人でも、あきらめずにしっかりとした書類の作成と収集をおこなえば、きっと良い結果が得られるはずです。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする