配偶者ビザの在留期間がずっと1年なのはなぜ?

在留カード

在留期間が3年にならない

今回は結婚ビザ、配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留期間の話となります。

先日、「結婚ビザの更新をしたらまた1年になったのですがどうしてですか?」と言われたのですが、これは普通のことで何も特別なことではありません。

在留期間は、一般的に一番最初に取得したときは1年となります(最初から1年ではなく3年を取得できる場合としては、「結婚してから長年いっしょに外国で生活している」というような場合で、それが立証されたときです)。

そして、その後は1年の在留期間となります。

1度目の在留期間更新許可申請では、いわゆる様子見の意味合いもあるので、経済力や社会的信用などは関係なく、基本的には1年の在留期間になると思われます。

その後、何も問題がなく在留期間更新許可申請をした場合は3年が取得でき、次回は5年となります。

つまり、基本的に在留期間は1年→1年→3年→5年となるのです。

しかし、私の依頼者の中には、1年→1年→1年…と、1年の在留期間が続く人がいます。

このような人は、なぜずっと1年なのでしょうか?

このような場合は、例えば「退去強制されたことがある」「オーバーステイしていたことがある」「夫婦どちらも現在無職なってしまった」「税金を滞納したことがある」「ビザを取得してから単身赴任をしている」「日本に住んでからの出国期間が長い」「今まで何度も離婚している」などが考えられます。

ようするに、3年の在留期間を与えようにも、日本人配偶者と外国人配偶者の過去にあった出来事等を考えると今は与えることができず、1年に1回は確認する必要があると入国管理局が考えているため在留期間が1年なのです。

もし、これから先にでも、配偶者ビザを取得できる要件を満たしていないと入国管理局に思われる可能性があるときには、在留期間更新許可申請をする際に理由書や事情説明書などを添付して、しっかりとご事情を主張・立証してください。

そうすれば、ビザが不許可になることも防げますし、在留期間も増える可能性があります。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする