配偶者ビザを取得して外国人配偶者を日本に呼ぶには

飛行機で来日

外国人の夫または妻を日本に呼びたい

外国人と国際結婚した場合、日本でいっしょに中長期で生活するためには、何かしらのビザが必要になります。

ちなみに、中長期ではなく短い期間日本で生活したいのであれば短期滞在ビザを申請することになります。

日本でずっといっしょに生活したいのであれば、日本人と結婚して日本で生活したい外国人のために、配偶者ビザとも呼ばれている「日本人の配偶者等の在留資格」があるので、このビザを取得するために在留資格認定証明書交付申請をすることができます。

在留資格認定証明書の交付申請で気を付けたいこと

在留資格認定証明書の交付申請とは、「外国人を日本に呼ぶため」の手続きです。

この手続きをするためには、入国管理局に書類を提出して審査してもらうことになるのですが、公表されている書類を入国管理局に提出すれば必ず在留資格認定証明書交付申請が認められ、配偶者ビザを取得できるわけではありません。

勘違いしている方もいますが、公表されているのは主な書類です。

そのため、配偶者ビザ 結婚ビザを取得するためには、個々の事情によりさらに書類が必要な場合があります。

特に以下のような場合には、書類をしっかりと揃えないと不交付となってしまう可能性があるので注意が必要です。

  • 結婚した後も長年別居している
  • 日本人配偶者に外国人との離婚歴が何度もある
  • 外国人配偶者に日本人との離婚歴が何度もある
  • ほとんど会ったことがないけど結婚した
  • 年齢差が20歳以上ある
  • 税金を滞納している
  • 罰則を受けたことがある
  • 逮捕されたことがある
  • 出会いが結婚相談所や出会い系サイトである
  • 出会ってから結婚までの期間が短い

配偶者ビザの申請で問題がある場合、「なぜそうなってしまっているのか、なぜそうなってしまったのか、」などの理由をしっかりと把握して、その理由を説明するために入国管理局で公表されている書類以外の書類の作成・収集を行い、その書類を追加して入国管理局に申請すべきです。

基本的に入国管理局は申請人が提出した書類から交付・不交付を判断するので、本来なら認められるべき場合も、しっかりと申請人が書類の作成・収集をして入国管理局に配偶者ビザを与えても大丈夫なことを主張・立証しなかったために、不交付になってしまうことは十分あり得えます。

現に不交付となった場合でも、当事務所で再申請をしたら配偶者ビザを入国管理局に認めてもらい、無事に交付されたことが何度もあります。

在留資格認定証明書交付申請の流れ

配偶者ビザの認定証明書が交付されるまでの一般的な流れは以下のとおりです。

  1. 必要書類の収集と作成
  2. 住所地を管轄する入国管理局で申請(夫婦ともに外国に住んでいる場合は代理人となる親族の住所地)
  3. 入国管理局が受理
  4. 認定証明書が届くまで待機(この間に追加書類を求められたらすぐに対応する)
  5. 認定証明書が届く
  6. 認定証明書を申請人に郵送する
  7. 日本大使館(領事館)で手続きをする(一部の国では代理店で手続きをする)
  8. 査証が発給されたら来日する

認定証明書の有効期間は「発行されてから3ヶ月」です。

その間に来日しないと認定証明書は無効になってしまうので注意が必要です。

なお、在留資格認定証明書があれば絶対に日本に上陸できるとはかぎりません。

在留資格認定証明書交付申請が許可された後に「犯罪を犯した場合」「過去の犯罪が新たに発見された場合」など、外国人配偶者に不許可事由が発見されたときは、日本大使館や日本の空港などで日本への上陸を拒否されます。

配偶者ビザを申請するときの注意点

配偶者ビザは、日本人と結婚した外国人であれば許可されるわけではなく、その他にも様々な要件があり、注意しなければならないことがあります。

入国管理局では「偽装結婚ではないか」「日本で生活していけるのか」「日本で悪さはしていないか」などいろいろなことを審査します。

まだ配偶者ビザについてあまり知識がない場合には配偶者ビザの申請で注意することをご覧ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする