離婚歴があると配偶者ビザの申請で疑われる

過去に外国人との離婚歴がある場合は注意が必要

日本人配偶者又は外国人配偶者に、外国人との離婚歴がある場合の配偶者ビザの取得は注意が必要です。

日本人側に外国人と離婚歴がある場合は、「偽装結婚に加担してお金をもらったのでは?」と思われる可能性がありますし、外国人が日本人と離婚歴がある場合は、「日本に来て働くために偽装結婚をしているのでは?」と思われる可能性があります。

そして当然のことですが、過去に「逮捕されたことがある」「退去強制されたことがある」などの事情がある場合はさらに疑われます。

その他としては個人的な感覚ですが、逮捕歴や退去強制などがない場合でも、前婚が結婚してから2年以内に離婚している場合は特に注意したほうがよいと思います。

真実の結婚だと入国管理局に証明するためには

外国人との離婚歴があるときは、配偶者ビザの審査が厳しくなる可能性があります。

「偽装結婚などはしていない」とお思いでしょうが、入国管理局としても偽装結婚が多いので審査を厳しくせざるを得ないのだと思います。

疑われないためには、理由書や事情説明書などを作り、そこに「なぜ離婚したのか」をしっかりと記載してください。

例えば「性格が合わなかった」とかいう方もいますが、このような場合でも生活の不一致と書くだけではなく、「結婚生活でどのようなことで意見が合わなかったのか」「結婚してから離婚までの自分の気持ちの変化」など、本人たちしか知り得ないことを記載し、ちゃんとした結婚であり偽装結婚ではなかったことを説明したほうがよいです。

そして、質問書などで今回の結婚が偽装結婚でないことを、「出会った経緯から結婚して将来はどうしたいのか」をしっかりと書いて説明したり、今までのメールや写真などを添付しましょう。

ところで、「配偶者ビザを許可しても問題がない」と入国管理局で認められるための説明責任は、入国管理局ではなく申請人である外国人です。

そのため、入国管理局で公表されている必要最低限の書類だけではどうしても不足なときは多々あり、当事務所では必要最低限の書類だけで申請するときはほとんどありません。

申請では、本来は許可されるはずなのに不許可になることもありますが、これは申請人がちゃんと書類の作成・収集を怠ったことが原因であり、入国管理局が意地悪をしているわけではありません。

実際に不許可となった場合でも、当事務所で再申請をしたら許可されることがあります。

『申請人がちゃんと説明しなければ本来ならば許可される場合でも不許可となる』ということにご注意ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする