ビザのために会社を作った

日本で働きたいからビザがほしい

以前、こんな話を聞いたことがあります。

ある外国人が、留学のビザを持っている友人に、日本で生活をしつづけるために、ペーパーカンパニーを作り、数年後友人を従業員として雇い、「技術・人文知識・国際業務」のビザを取得させようとしたそうです。

本当はどのような仕事でもできる配偶者ビザや離婚ビザが欲しかったそうですが無理だとわかったそうです。

会社を立ち上げた外国人は、経営・管理のビザではなく、配偶者ビザなので、会社が潰れようがビザの更新ができないわけではありません。

結論から言うと、結果は当然のことながら不許可だったそうです。

当たり前のことです。

会社の状況は調べればわかることなので、ペーパーカンパニーで働くと言って入国管理局が「はい、そうですか」とうなずくはずがありません。

この友人は、「技術・人文知識・国際業務」のビザの要件を満たしている会社なら、要件は満たしているので就職はできるはずです。

日本語検定1級を持っており、大学院まで出ているので、あきらめずに就職活動すれば、いずれは見つかると思います。

しかし、このような話しは、本当のことを言っているのかはわかりません。

実際にご依頼して頂いたときには書類を見せて頂くのです、ご相談の段階では見せて頂くことはないので、話しの中だけではどのようにも言えます。

嘘はわたしも嫌いですし、私よりも入国管理局はもっと嘘を嫌います。

日本に滞在したいという外国人は大勢いますが、嘘をつかずに、自分が取得できる可能性があるビザを探してほしいと思います。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする