留学生だった外国人と国際結婚するときの配偶者ビザの注意点とは?

外国人留学生の在学状況は重要です

以前、留学生として来日した外国人と結婚した日本人から、配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)のご相談がありました。

詳しいお話をお聞きすると、その外国人は学校にあまり行っておらず、出席率が悪いということでした。

おまけに、学校からの出席証明書等をお願いしたのですが、数日後に「出席証明書はない」と言われました。

私は、理由をお聞きすると、外国人配偶者から「学校がくれない」と言われたので、詳しくお聞きすると、退学届を学校に提出しておらず、学校から失踪しているというお話でした。

結論としては、今回のケースでは配偶者ビザを取得できたのですが、私は、本人だけでなく学校からもお話をお聞きして、「どうして失踪したのか」「なぜ出席率が悪いのか」を調べました。

この外国人の場合は、出席率が悪いのも失踪したことにも理由があったので、これらを説明する書面を作成し、裏付けとなる書面を添付して入国管理局に提出させて頂いたのですが、入国管理局では何かを質問されることなく配偶者ビザのへの在留資格変更許可申請を認めて頂くことができました。

留学生として来日している場合、留学状況は全く関係ないと考えている人もいますが、そのようなことはありません。

在留状況が悪いのであれば、当然のことながら消極的に判断されます。

当然のことですが、何も問題なく日本で生活することが一番です。

他にも注意点があるのですが、それは出席率が悪い又は退学した留学生と結婚する場合の配偶者ビザの注意点をご覧ください。

電話番号
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする